スポーツを通して子どもの可能性や人間力を
育てていくことで自分自身も成長していける。

大嶋 哲弥

キッズ事業部スポーツ事業課

様々な経験が自分を成長させてくれた

父親が教員をしていて、子供の頃から「教師の息子」という目で周りから見続けられてきました。その堅苦しさから新卒時の就活では教育関係は敬遠していましたが、社会人を経験して転職を考えるようになったとき、潜在的な意識からですかね、逆に「教育に携わる仕事もいいかな」と思うようになっていました。明光に入ってからは、教室長を6年、スーパーバイザーを6年経験しました。教室長の時はやるべきことが明確だった分、実践すればおのずと成果に結びついていきました。しかし、スーパーバイザーになってからは、それまで生徒や保護者、そして講師たちと接してきたのが、企業の社長(オーナー)に対して経営指導をするという立場になったことでとても戸惑いました。変化が多く大変でしたが、新たな環境で全てが新鮮でもあり、やりがいはとてもありました。

自分のアイデアをゼロからカタチにしていく喜び

現在は既存の業務に取り組みながら、スポーツを通した教育を子どもたちにするための新たな事業を立ち上げている最中です。何しろマニュアル化されたものが全くなく、すべてゼロから自分たちで考えて作り上げていくということで、経営者的な発想が必要になってきます。そのためには自分自身のアイデアや閃きが重要で、知識や経験だけでなく、行動力や人脈作りもとても大切だと実感しています。そもそもそんな経験もスキルもありませんでしたので、今はとにかくがむしゃらにヒントを探しています。最近では、オフの日でも「入ったお店の中にヒントはないかな?」とか、人と会うときは「何か一緒に面白いことできないかな?」などを常に考えるようになりました。アイデアがないと何も進まないのでなかなか辛いですが、自分でカタチにしていけるのでやりがいは大きいですね。

Message

元々、私はチームスポーツをしてきたので、仲間と何かを成し遂げることが好きなんですよね。割と得意な方でしたし。反面、個人競技をしたことが無いので、自分一人で力を発揮して成果を出すことが苦手でした。でも社会人にはどちらの要素も必要になってきます。自分で課題を見つけて解決し、それが結果に繋がると嬉しいですし、自信にもなります。自信がつくと、次はこんなことをやってみようかなと考えるようになって楽しくなってくるんですね。どうせ仕事をするなら楽しんだ方が良いですもんね。苦手だからと最初から敬遠するのではなく、色々なことにチャレンジしてみると、知らなかった“楽しさ”にきっと出会えますよ。

あなたのStoryが
ここから始まる