いくつか内定はもらったけど…どこを選べばいいか悩んでいる。

就職後の「働いている姿」「私生活の姿」が想像できるかどうかで選びましょう。

どんなことにやりがいを感じ、どんなことで社会貢献できるのか…働いている姿は、就活中にあれこれ考えることでしょう。より具体的にあなたが働いている姿がイメージできる会社を選びましょう。そして、できれば「私生活の姿」が想像できる会社が理想です。長く働くためには、私生活も大切です。ワクワクして社会人生活が送れそうな会社を選んでください。

「数年後のビジョン」があるか。待遇や知名度よりも企業の方向性を大切に。

給料や知名度の高さも気になるところでしょうが、就職を決めるにあたって大切なのは、企業が持っている「ビジョン」ではないでしょうか。どんな目的を持って、どこに向かって進んでいるのか。そのビジョンにあなたの「どんな仕事を求めているのか」といった方向性がどれだけマッチしているかで選ぶことが賢明です。表面的なことより本質的なものを重視してください。

「この人たちといっしょに働きたい」「人」で最終判断をするのも得策です。

面接が進んでいる、内定をもらっているということは、その企業があなたといっしょに働きたいと感じてくれているということです。説明会や面接などであなたも複数回、企業の人たちと会う機会があったはずです。そこで、「この人たちといっしょに働きたい」と感じられたならそこに決めるべきです。業種や待遇も大切ですが、「人」に魅力を感じることが重要だと思います。

どれだけ深い思い入れがあるか。人に魅力を伝えたくなる会社を選びましょう。

会社選びは、意外とこれまでの高校・大学選びと大きな違いがないように思えます。あなたにとって「絶対に譲れないことがあって、それを叶えられるところ」を選んできたのではないでしょうか。企業選びも同じです。自分の企業選びの原点に戻って判断してください。その基準のひとつが「思い入れ」。企業の魅力を他の人に伝えたい…そう思える会社を選びましょう。